【ビジネスマナー】上司の評価がアップする言葉

おススメ本

【ビジネスマナー】上司の評価がアップする言葉

【ビジネスマナー】上司の好感度がアップする言葉

上司を敬う気持ちが職場を円滑にさせます。

いつもの表現も工夫を加えるだけで、印象が大きく変わります。


【上司の評価が上がる言い回し】


・報告を求められたとき

「○○の件はつつがなく進行しております」

「つつがなく」とは、何も問題がないということです。
「何も問題ありません」
と言うよりも粛々と事が進行しているイメージがあります。



・プライベートなことを切り出すとき

「わたくしごとで恐縮ですが・・・」

私用で休暇願など個人的なことがらを報告する際の前置きに使います。
職場にプライベートなことを持ちこんで申し訳ない・・・。
という気持ちを込めて使用します。



・感謝を表したいとき

「ご助力いただき、ありがとうございました」

「本当に助かりました。感謝しております」

などと、感謝の気持ちは素直に伝えましょう。


・上司に異議をとなえたいとき

「私の勘違いかもしれませんが・・・」

上司からの提案などに対して「違うと思います」と直接言うと、角が立ってしまいます。あくまでも私の意見ですがというスタンスで、
自分も間違っている可能性も考えて意見をいいます。



・上司の助けてほしいとき

「お力添えをいただけますか?」

「協力いただけますか?」は同僚に対して使います。
目上の人には特に、相手を立てて真摯な気持ちでお願いをしましょう。


・特別な頼みごとをするとき

「課長以上に詳しい方がいなくて・・・」

課長だからこそ頼みごとをするときに使うフレーズです。相手の得意分野なので、悪い気はしないと思われます。



・褒められたとき

「これからも精進してまいります」


・決意を表明したいとき

「精一杯頑張らせていただきます」


「適切な言葉」には、使った本人にも自信がみなぎり相手の心も動かします。
自分の気持ちを乗せて、しっかりとした言葉をつかいましょう。






藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ