【ビジネスマナー】社会人が やってはいけない言葉遣い

おススメ本

【ビジネスマナー】社会人が やってはいけない言葉遣い

【ビジネスマナー】社会人が やってはいけない言葉遣い

社会人の言葉使いでは、下記の言葉はNGです。


1.「お世話様です」

2.「知りません」

3.「了解です!」

4.「どうでしょうか?」


5.「拝見されましたか?」


これらの間違いを、正しく訂正します。



正解はこちらです。
↓↓↓

1.「お世話になっております」

2.「存じません」

3.「承知しました」

4.「いかがでしょうか?」

5.「ごらんになりましたか?」


言葉に気を付けるだけでも、仕事も人間関係もスムーズになっていきます。

社会人は、敬語やマナーはしっかりと身に付けましょう。


社会人として不適切な話し方

社会人がやってはいけないこと。

<話し方、言葉遣いに注意して!>


。上司から間違いを指摘されたときに、


「でも」「だって」「え?」「はい?」で答えてはいけません。


え~~なんて答えてはいないですよね。


・語尾は伸びてはいませんか?

「だからぁ~」「なのでぇ~」という語尾は幼稚な印象を相手に与えます。


・感情的な話し方はNGです。


先輩や上司から、注意されたとき、ムキになって反論してはいけません。

・不満を顔に出す。
・泣く。

などは大人の態度ではありません。


まずは、素直に話を聞きます。
そして、自分のミスを謝ります。

「申し訳ありません」

そして、同じ間違いを繰り返さないように、分からないことは確認をしておきましょう。



「やばい」などの言葉は職場では使ってはいけません。

相手が話している時には、相手の顔を見て聞きましょう。

視線をそらしてはいけないのですが、どうしても目を合わすことができない・・・。という人は、眉間の少し上位に、視線を持っていくようにします。


【ビジネスマナー】言葉遣いのまとめ

社会人になるときちんとした「敬語」を話さなくてはなりません。

社会生活を円滑に送るためにも、

「きちんとした敬語を話せる人」になりましょう。

「マナー」も「敬語」も社会人の常識なのです。
「相手のことを尊重できる」人になりましょう。

その結果、人間関係も仕事もスムーズに運んでいきます。


5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1

ピックアップ!

月別アーカイブ