【ビジネスマナー 】了解いたしました~よくある敬語の間違い

おススメ本

【ビジネスマナー 】了解いたしました~よくある敬語の間違い

【ビジネスマナー】了解しました。よくある敬語の間違い

【よくある敬語の間違い】


なぜ敬語を用いるのでしょうか?それは、相手を敬う気持ちを言葉で表すためです。

ここで、「よくある敬語の間違い」を紹介します。


【「了解しました」は駄目】


了解いたしました。×


かしこまりました。〇
承知いたしました。〇
受けたまりました。〇


「了解」とは、「理解した」「納得した」という意味の言葉なので、
上司やお客様には不向きな言葉です。


すみませんでした。 ×

すみません。〇
もうしわけございません。〇
失礼いたしました。〇


過去形にしません。


よろしかったでしょうか。×

よろしいでしょうか。〇


「やる」という言葉は丁寧さに欠けます。

やらせてください。×
やらせて頂きます。

微力ですが、担当いたします。〇
私でよろしければお受けいたします。〇


田中様でございますね。×
田中様でいらっしゃいますね。〇

お世話様です。×
お世話になっております。〇

ご苦労さまです。×
お疲れ様です〇

まいっています。×
お見えになっています。〇

存じています。×
存じ上げています。〇



【二重敬語の間違い】

お召し上がりになった。×
召し上がった。〇

お客様がおっしゃられていました。×
お客様がおっしゃていました。〇

部長は外出なされています。
部長は外出なさっています。


敬語を使いこなしてみましょう。






【ビジネスマナー】ビジネスマナーのまとめ

【ビジネスマナーとは?】

 ビジネスマナーとは、仕事の時に、相手の立場にたって相手を不快にさせない言葉を用いて行動することです。

 職場全員が、ビジネスマナーを身に付けていれば、会社の利益になるので必要となるのです。

売り上げが上がれば、あなたの収入も上がります。

 社員、スタッフの意識の持ち方で、例えあなたが営業職ではないとしても、会社に貢献できるのです。

 自分中心から相手中心へと意識を変えていきましょう。いつも周囲を思いやり、目配りしましょう。気配りを実践して、まずは、「心ありき」という姿勢を持ちましょう。


5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ