クラウドファンディングがつまずく事業を改善する理由とは

講座

クラウドファンディングがつまずく事業を改善する理由とは

つまずいてしまう事業をクラウドファンディングで改善

事業を始めたのに失敗をしてしまうのは、

「売り上げが思った以上に上がらない」

からだとこの下記の動画で伝えています。

失敗の結果として

・売り上げの減少
・取引先の関係消滅
・資金ショート

が起きてしまいます。

それでは失敗の原因を説明します。


【失敗の原因】

・営業力の弱さ
・市場環境の悪化
・商品マーケティングの戦略ミス(お客様が望んでいなかった)
・資金繰りの悪化
・設備投資の負担(設備の稼働が上がらない)

が上げられます。

それを解決するのは、

「購入型のクラウドファンディング」

なのではないでしょうか。

「購入型クラウドファンディング」では、

「こういう思い」
「こういう商品を作りたい」

という開発者の思いを伝えることができます。

クラウドファンディングは、支援者の方達に資金を出して頂くので、

”クラウドファンディングのリターンを買ってもらう”
ことが必要となります。


・その商品を一つ差し上げる
・ここで食事ができる権利を2回お付けします。

などというリターンを作らければなりません。


そして、「クラウドファンディング」の最大のメリットは、


”マーケティングの確認ができる”ということです。

こんなに良い商品だから売れるはず?と思っても、

クラウドファンディングを立ち上げてみると、反応がない。興味を持たれないなどで、この商品は売れるものなのか?ということがわかります。


そしてもう一つ、商品の事前拡散ができることです。


稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ